心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになるには

心理カウンセラーになりたいという人は後を絶たないほど人気のお仕事で、精神科医になるか心理カウンセラーになるかで進路を悩む高校生もいますね。

かくいう私も医学部に進学して精神科のお医者さんになるか、心理学部に進んでカウンセラーになるかでかなり迷ったんです。

はっきり言ってカウンセラーになるのはそんなに難しいことではなくて、お医者さんになる方がはるかに困難なんですよ。

心理学部も競争率は高い方ですが医学部ほど狭き門ではないし、かかる学費や卒業までの年限も全然違います。

それに、お医者さんは国家試験を合格しなければ医師の仕事を出来ません。

しかし、心理カウンセラーには今のところ国家資格もないし、国家資格が出来ても資格のない人も仕事が出来ますからね。

極端な話、心理学部を卒業していなくても「私は心理カウンセラーです」と名乗ればカウンセラーになれるんです。

専門の勉強をしてないカウンセラーにクライアントが付くかどうかは別の話ですが、カウンセリングルームを開業したって良いんですよ。

心理カウンセラーの資格については、民間の認定資格が色々とあってその民間団体にもよりますが資格取得が難しかったりもします。

心理学の大学院を修了してないと受験できない民間資格もあるんですよ。

そうした資格では、心理カウンセラーとして学校などの公的な場所で活躍している例も多いです。

そんな難しい資格じゃなくても、通信教育を受講すれば認定される資格もあったりします。

心理学にも色んな流派があるのでワークショップに参加してカウンセリングの手法を学び活躍する人もいますね。

また、今は心理学についての書籍が多数出版されているので独学でも時間をかければ深い知識を得られます。

ネットにも情報が満載なのでこんなサイトを見れば心理カウンセラーについてよく分かりますよ。

心理カウンセラーの勉強をする

とにかく、カウンセリングということに興味があって仕事でも趣味でも知識と技術を得たいという熱意があれば、カウンセラーとしてやっていくことも夢ではありません。

カウンセラーは一生勉強し続けないと勤まらないとも言われます。